ユーザ用ツール

サイト用ツール


bb9:コースの作りかた

Bb9 のコースの作りかた

授業に対応したBb9コースは、「もみじ」の講義情報のページから開設すると簡単です。

  1. 「もみじ」講義情報のページで「Bb9コースを開設する」をクリックする
  2. 遷移した画面で、出ている情報を確認する
  3. 「コース作成」をクリック。コース開設作業が完了するまでに数十秒かかりますので、そのままお待ちください
  4. これまでに作成したBb9コースの一覧画面になります。今作成したコース名をクリックすると、Bb9でそのコースを表示します

授業に対応しないコースは、下記のリンクを開き、広大IDでログインして作ってください。ログイン後最初の画面の左上で「新規コース作成」です。

コースへの学生・教員登録について

コースへの利用者登録は、BbManager で行う方法と、Bb9で行う方法の二通りがあります。

BbManager で行う場合

BbManager で行う場合は、「学生」しか登録できませんが、いろいろな登録方法が選べます。

  • 学生番号のコピーペースト
  • 学生番号を列挙したファイルを読み込ませる
  • 「もみじ」の授業を指定して履修学生を取り込む

登録したいコースの右端のアイコンから登録画面へ進むことができます。

Bb9 で行う場合

Bb9で行う場合は、「学生」含めて全ての種類の利用者登録ができます。[コントロールパネル]→[ユーザとグループ]→[ユーザ]→[ユーザを検索して登録] としてください。

登録したい利用者の広大IDを、[ユーザ名]に記入します。複数の学生を登録する場合には、学生番号をカンマで区切って並べることができます。

[送信]ボタンを押す前に、[ロール]で登録する利用者の権限を確認してください。Bb9では、以下のロールが利用できます。

ロール名 権限
学生 コースコンテンツを閲覧し、学習活動に参加できます
教員 コースの構築と、提出物の採点を行います。コースの所有者という位置づけです
教員(副担当) 「教員」とほとんど同じ権限を持ちます。違うのは、コースの削除権限がないところです
TA(作成補助) コースの構築作業ができます
TA(採点補助) 学生の提出物の採点ができます
TA 「TA(作成補助)」と「TA(採点補助)」の両方の仕事ができます。教員と違うのは、名簿の管理ができないところです

︎ Excelで縦に並んでいる学生番号を登録したいときは

少人数ならば、手作業で横に並び替えても良いのですが、大人数になると大変です。そんなときは、以下をご利用ください。

  1. 登録したい学生の学生番号を、Excelでコピーする
  2. コピーしたものを、以下の「縦並びの学生番号」に貼付け、[変換]ボタンをクリック
  3. 「横並びの学生番号」に、学生番号がカンマで区切られて横並びになって入っているはずなので、それをクリックして[コピー]
  4. Bb9の [ユーザを検索して登録] の画面に貼付ける

縦並びの学生番号: (変換元)
横並びの学生番号: (変換結果)

学生表示モード

コースを作成していると、学生からどのように見えるのか、学生がレポートを提出したらどうなるのか、などを確認したいことがあります。そういうときには、「学生表示モード」を使ってください。

ウィンドウ右上にある目(みたいな)アイコンをクリックすると、学生表示モードに入ります。このとき、Bb9は一時的に架空学生のIDを作成してコースへ登録します。

学生表示モードを終了するとき、架空学生を削除して終了するか、残したままにするかを聞かれます。レポートの採点などを試してみたい場合には、残したままにしてください。

bb9/コースの作りかた.txt · 最終更新: 2015/01/15 07:38 by sumiya